洗顔はススギが命!背中ニキビにも意外な盲点が…

肌を清潔に洗い上げ、潤いを守る有効な成分が配合されているどろあわわですが、あくまでも洗顔石鹸なので、すすぎをしっかりしなければ肌荒れの原因になってしまいます。どろあわわで洗った後は念入りにすすぎをしてこそ、その後のスキンケアの効果が上がるのです。肌の上に残っている余分な成分がトラブルが起こすことは、背中ニキビについても言えます。背中をきれいに洗っているのに背中ニキビに悩まされていませんか?背中は自分でよく見えない部分なので、実は石鹸成分が残っているかもしれません。洗うのと同じくらい、むしろそれ以上に念入りなすすぎが必要です。
そして石鹸成分以外にも背中に付着しているものがあるかもしれません。それは髪のトリートメント剤です。お風呂でまず髪を洗い、トリートメントをしている間に体を洗う人も多いのではないでしょうか。このトリートメントが知らないうちに背中に流れ落ちているそうです。体を洗い終わった後にトリートメントが背中に流れていれば、付着したままになってしまうかもしれません。これが背中ニキビの一因にもなるそうです。これは思わぬ盲点です。背中にニキビのできる人で読んだ時には、思わず納得してしまいました。特に湯船に浸からずシャワーで入浴を済ませる人はトリートメント剤が付着したままになることが多いかもしれません。
雑誌のインタビューなどビューティーモデルに美肌のコツを尋ねているページでは、「すすぎに力を入れています」という答えをよく見ます。これは顔に限らず全身に当てはまりますね。すすぎを見直せば、肌トラブルが減るかもしれません。